救急救命士


救急救命士とは国家資格です。仕事は病院外(アウトホスピタル)で発生した傷病者に対して、救急救命処置を実施、適切な医療機関へ搬送する事です。平成3年に救急救命士制度が誕生し、これまで医療行為が許されなかった救急隊に救急救命士が乗車する事で、医療行為の実施が出来るようになりました。これによって、日本の病院前救護体制の整備が始まりました。日本では救急隊の運用は、各自治体の消防が主に行っています。

救急救命士は、消防学校で救急標準過程を修了した隊員とは違い、高度な救命処置を医師の指示のもと実施する事が可能です。救急救命士が実施する事ができる特に高度な救命処置を特定行為と言います。特定行為には認定制度があります。

例えば、

アドレナリン投与の認定を取得している救命士は「薬剤投与認定救命士」

気管挿管の認定を取得している救命士は「挿管認定救命士」

などと表現します。

救急救命士の実施できる特定行為は、少しづつ拡大されています。2014年には拡大2処置と言われる「ショック状態、クラッシュ症候群が疑われる傷病者に対しての静脈路確保」「ブドウ糖溶液の投与」が追加されました。

 

救急救命士の特定行為一覧(一般人向けに記載)

・乳酸リンゲル液を用いた静脈路確保のための輸液

CPA状態(呼吸と脈が止まっている)状態の傷病者が適応です。看護師が点滴するように、救急救命士が傷病者の腕に針を刺して、乳酸リンゲルという点滴を滴下します。ここで確保した点滴ラインからアドレナリンを投与します。

・器具を用いた気道確保

CPA状態(呼吸と脈が止まっている)状態の傷病者が適応です。食堂閉鎖式エアウェイとよばれる器具や挿管チューブを使用して空気の通り道をつくります。

・アドレナリン投与

CPA状態(呼吸と脈が止まっている)状態の傷病者が適応です。

・ショックまたはクラッシュ症候群が疑われる傷病者に対する静脈路確保

・ブドウ糖溶液の投与

低血糖が疑われる傷病者に対して、血糖値を測定し基準未満であれば投与します。


■救急救命士になるには

・救急救命士になる道は、大きくわけて2つ

1、消防、海上保安庁、自衛隊に入職してから取得する。

2、民間の救急救命士養成校(専門学校、大学)で取得する。

 

この記事を書いている筆者は、国士舘大学体育学部スポーツ医科学科を卒業し、救急救命士の資格を取得しました。救急救命士の養成校で国士舘大学出身者は一目置かれます。国士館大学は、2000年から救急救命士を養成しています。今や殆どの消防に国士舘大学出身の救急救命士が居ます。

 

・救急救命士を消防で取得するか、民間養成校で取得するか

将来、消防の救急隊員になりたいという強い希望がある場合は、民間養成校で救急救命士の資格を取得する事をおすすめします。消防に入職してから取得を目指す場合、人事や適性の試験、救急隊実務経験(5年or2000時間)の必要もあるため、確実に救急救命士資格を取得できるとは限らず、スタートが遅くなります。

 

・専門学校か大学どちらを選ぶべきか

私は間違いなく大学を選択するべきだと思います。公務員の世界は完全な学歴社会です。採用の時点で大卒、専門、高卒など試験の種類が分かれていたり、給与のベースが学歴によって異なります。このレールの違いは退職するまで変わりません。

そして専門学校は2年という短い期間で取得するため、現場での即戦力を養う事に注力しているため、知識面で大卒には負けてしまうのです。個人の努力で知識はどうにかできるかもしれませんが、給与など待遇面の違いは変えられないので後悔しないためにも大学で取得する事をおすすめします。

救急救命士の取得は、国士館大学もしくは杏林大学が良いです。この2つの大学は救急救命士の大学院も有しているため、キャリアアップしたいときに門が開かれています。

 


■救急救命士の給与

救急救命士はそれ自体が職業ではありません。

例えば、看護師は病院で働けますが、救急救命士は法律で、救急自動車での搬送途上に限り処置が認められています。これは救急救命士の資格を持った消防受験浪人を発生させる要因になっています。救急救命士資格だけで、安定してご飯を食べていく事は出来ないと考えた方が良いでしょう。救急救命士を目指すという事は、自動的に消防職員を目指す事になると考えて良いです。

救急救命士資格の合格人数に制限はありませんが、消防は公務員なので試験に合格人数の制限があります。救急救命士に合格しても、消防公務員試験の壁が越えられない方も多く居ます。

消防以外では、「日本救急システム」という会社が唯一、民間企業で救急車を運航し救急救命士の資格を活用できるところです。

救急救命士の年収が一番良いのが間違いなく東京消防庁です。ただし出動件数も桁違いです。東京消防庁の救急隊員は本当に寿命を削りながら勤務しています。

給与ですがイメージとして

東京消防庁→政令指定都市→消防局→広域・事務組合≒消防本部

この順番で考えてよいと思います。

市町村によっては、救急出動手当、救急救命士手当てが削減されているところもあります。受験する消防の特殊勤務手当は必ず調べましょう。


■将来性

救急救命士の将来性に関しては険しいと思います。消防は総務省消防庁、救急救命士は厚生労働省と2つの管轄省庁をまたぐ非常に特殊な資格職なのです。増え続ける救急需要、自治体の財政、生涯教育の問題など解決するべきことが山ほどあります。

やりがいだけで続けるのは正直難しいと思いますが、それでも挑戦するのであれば私は止めません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です