管理人のYukiです。

今回は若手消防士の最初の試練消防学校について書いていきます。

私の前職はある地方都市の消防士でした。だいたい人口は十数万人程度の都市でした。消防士として採用されると、消防学校の初任科に必ず入校して約6か月の教育訓練を受けなければなりません。消防学校も定員があり、私の県は前期後期で入校時期が分かれていました。消防学校に後期で入校する場合は、半年間所属消防で訓練を受け、現場に出てから消防学校に入校します。前期入校の場合は、採用とほぼ同時に消防学校へ行くことになります。都道府県の消防学校は、各市町村で採用された新規入職職員が一ヵ所に集められて、一緒に消防学校で教育を受けたのちに、所属消防へ帰っていきます。東京都や政令指定都市は独自で消防学校を持てるため、独自の「~市消防学校」があります、政令指定都市にとっては消防学校を独自で持っていないところもあります。その場合は、「〇〇県消防学校」など都道府県で運営されている消防学校に行きます。

おそらく、ほとんどの消防学校は、前期と後期に分かれていると思います。しかし例外もあり、東京消防庁はまた違います。

 

■消防学校は前期と後期どちらが良いか

前期は4月から10月、後期は10月から3月ごろだと思います。前期入校者は防火服を着用して訓練をする際の暑さは地獄だと思います。後期はとにかく寒さとの戦いです。ちなみに私は後期入校だったので、寒さとの戦いでした。

私の個人的な意見では、後期入校の方が良いと思います。理由としては、半年間所属の消防に居るため、先輩職員の顔もわかり、消防学校から帰ってきたときのアウェー感が特にありません。前期入校では、消防学校卒業後に所属消防に戻るので、まったくしらない所に行く恐怖があります。前期後期どちらになるかは人事次第です。

 

■消防学校では給料が出るのか

消防学校では給料が出ます。給料を貰いながら働けるなら最高じゃないかと思うかもしれません。しかし、給料を貰いながら勉強をするのは責任が伴います。消防学校では、いくら訓練で疲れたからといって、一瞬でも寝たら教官から目をつけられて大変な事になります。授業での椅子の立ち方から座り方、敬礼の角度、姿勢まで全て決まっていました。給料の金額ですが、各種手当が全くつかないので基本給から約5万円引いた額がだいたいの手取額でした。同室の部屋の同期と給料の話をすると、消防局、消防本部などで給与額にかなり開きがあるのが分かりますよ。あとで後悔するので、なるべく基本給が高い消防に入りましょう(笑)

 

■消防学校ではどのくらい体力があれば良いか

体力はあるに越したことはありません。ちなみに私は運動全くしてませんでした。それでも消防学校卒業出来ました(笑)。本当に大変でした。最初は、編み上げ靴を履いて死ぬほどランニングするので、膝は痛くなるわ筋肉痛で死にました。でも途中から思い編み上げ靴を軽いものに変えて負担を軽減する知恵をつけたので、少しはごまかせましたがそれでも一生分は運動したと思います。全く運動して来なかった人間が、消防学校卒業時は1500m5分30秒以内に走れるし、懸垂は30回以上できるし、シャトルランは100回以上できる様になります。恐ろしいところだと思いませんか…?今考えると頭おかしいです。ちなみに、軽くて走りやすいのはアシックスから発売されている編み上げ靴です。シグナルOSとかに売っていると思います。これから消防学校に行く人は知っててください、膝の命が少し伸びます(笑)

 

■編み上げ靴、短靴は常に磨け!!

消防士でKIWIの靴クリームを知らない人が居るでしょうか?消防は靴が汚れていると信じられないくらい怒られます。おそらく自衛隊、警察、海上保安庁など公安職系の職員は靴磨きは基本中の基本として教わります。訓練が終わると狂ったように靴を磨きます。突然の非常呼集で呼び出されたときに、服装点検で不合格だとペナルティとして、腕立て伏せ、かがみ跳躍などやりたくもない筋トレメニューが教官からもらえます。靴を一番ピカピカに磨けるクリームは、KIWIですがこれがなかなか町中に売ってないのです、私はよくAmazonで購入していました。汚れ落としのブラシ、磨きあげる布も必要です。

 

■消防学校入校前にあると良い資格はあるのか?

危険物取扱者乙種4類は取得しておくと非常に楽です。消防職員であれば、消防学校入校期間中に必ず危険物取扱者乙種4類の資格を取らされます。これに落ちると教官や所属からぼろくそ言われます。先に取得していれば、乙4以外の類を受ける事になりますが、免除科目があるので勉強が楽になります。

第三級陸上特殊無線技士は入校中で大丈夫です。これも授業があり、必須で取らされますが、試験はアホみたいに簡単なので、公費で取りましょう。個人で事前に取得すると高いです。

大型自動車免許があると機関員として、消防学校で訓練に使うポンプ車の運転を任されることがあります。機械係などに興味がある方は取得しておきましょう。

 

■消防学校でタバコは吸えるのか

消防は喫煙率が非常に高い職場です。喫煙に対しても比較的寛容なので、喫煙所が用意されているところがほとんどです。喫煙所以外で吸うと教官にばれて死ぬのでやめましょう。

 

■団体生活が苦手な人でも大丈夫?

正直、無理だと思います。集団行動が基本になります。一人のミスは全員のミスになるので、集団の和を乱す性格や行動であれば厳しいです。私は団体行動苦手でしたがなんとかごまかしました(笑)

 

■消防学校にいじめはあるのか。

あります。はっきり言います。体力が無い、訓練が出来ないと同じ部屋のメンバーに迷惑がかかるため、次第に仲間外れにされていきます。教官の前では普通に接していますが、教官の目が離れる寮室では…。くだらないですよね。

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか。すごく短くまとめていますが、消防学校はきつくて苦しいです。みんなだいたいかっこつけて大丈夫だったと言いますが、覚悟して入校してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です